プログラマ人口を増やす未経験者の育成方法

情報技術の恩恵は、社会の多くの人が受けています。
しかし一方で、その情報技術を開発したりサポートすることができる技術者は、まだ足りないのが現状です。
社会を支えるための重要なインフラの一つとなった情報技術は、それを開発したりメンテナンスするための人材が必要です。
そのため、情報技術に長けたエンジニアを育成していく必要があります。

個人的にプログラミングなどに興味を持っている人は、自主的に勉強を重ねてプログラマになるケースが多いです。
しかし、プログラミングに興味があまりない人たちにもプログラミングの面白さについて気づいてもらい、未経験者からの脱却を図ってもらうことが必要です。
そうすれば、自身の素質に気づいて、プログラマとしての仕事を選ぶ人口が増えていきます。

未経験者にプログラミングに興味を持ってもらうためには、プログラムをもっと親しみを持って身近に感じることができるよう育成の工夫する必要があります。複雑なコードの存在がプログラミング未経験者を遠ざける一因となっています。そこで、初心者向けに親しみを持ちやすくするためのスタイルの学習キットを開発することが役立ちます。
はじめは難しい理解を必要とせず、プログラミングの楽しさを伝えることを優先すべきです。
そうして徐々に本格的なプログラマとしてのスキルアップを図っていくことにより、無理なくプログラミング技術者の人口を増やしていくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です